【WordPress プラグイン】『この記事を書いた人』の表示にも使える!「Insert Blocks Before or After Posts Content」の使い方

【WordPress プラグイン】『この記事を書いた人』の表示にも使える!「Insert Blocks Before or After Posts Content」の使い方
 
 
▶ こちらの記事 に『この記事を書いた人』の改行問題との悪戦苦闘の様子を書いたのですが、
解決につながったプラグイン「
Insert Blocks Before or After Posts Content」の
使い方が書かれている記事が日本語では見当たらなないようだったので(2021.3.18現在の情報)
簡単に書いてみることにしました。
 
 
「WordPress.com」の方を使っている人の例なので、
インストール型の方だと違う部分があるかもしれません。ご了承ください。
 
 
 

「Insert Blocks Before or After Posts Content」を『この記事を書いた人』の表示に使いたい場合の手順

 
 
①ダッシュボード→プラグイン→新規追加から
 「
Insert Blocks Before or After Posts Content」を検索してダウンロード、有効化をする。
 
 
②『外観』の中に「Before/After Content」というのが出現していると思うので、それを押すと設定画面になる。
21031801
 
 
③「Post」の上にある『Create a new before/after block』を押すと
通常の記事を書くときと同じような画面になるので、
そこに記事下に入れたい文章などを書いて保存する。
私の場合はこちらの記事を参考にさせてもらいました。感謝!
▶「この記事を書いた人」を作ってみた! 
 
 
ちなみに今編集したものが『再利用ブロック( Reusable Block )』というものだそうです。
▶ 公式の説明ページ
 
 
④設定画面に戻り、「After the content 」の右の『Select a block』を押すと
先ほど書いた『再利用ブロック』が選べるようになっているので、それを選ぶ。
 
 
⑤一番下の『Save Changes』を押して保存する。
これで記事下に再利用ブロックに書いたものが出現していると思います!
 
 
それから「Allow opt-out」のチェックは、入れておくと記事ごとに
再利用ブロックを入れるか入れないか選べるようになるということだと思うんですけど、
私は普段ワードプレスのエディターで記事を書いていないのでよくわかりません。
(Open Live WriterというWordの感覚で記事が書けるソフトから書いています。
なので実は再利用ブロックに書く作業で苦労しました!)
チェックを入れないと問答無用で全記事に同じ再利用ブロックが使われることになって、
私はそれで使っています。
 
 
「Post」じゃなくて「Page」の方で再利用ブロックを選ぶとどうなるんだろうと思って試したのですが、
私の環境では設定しても何の変化もなくてそっちもよくわかりませんでした。
すみません…!
 
 
でもとりあえず、
このプラグインを使えばWordPress.comの方の人でも
改行ありの『この記事を書いた人』が入れられるようになるぞ~という話でした!

 
 
▶ 元の記事に戻りたい方はこちらへ
 
 
以上です!
 

【WordPress.comの方】改行できる!『この記事を書いた人』 + その他カスタマイズ情報

WordPress.comの方を使っている人のプロフィール周りのカスタマイズについての記事です。
 
 
まず!
念願の“改行ができている”『この記事を書いた人』の設置に成功しました~!
【WordPress.comの方】改行できる!『この記事を書いた人』 + その他カスタマイズ情報
 
 
なぜ“改行ができている”を強調したかというと、
その前に使っていたプラグイン「Fancier Author Box」では改行が反映されなくて
地獄みたいな表示で1~2週間過ごしてしまっていたからです……
(改行されていても長いのに、引かれただろうなあ……)
 
 
この改行問題がすごく深刻で、WordPress.orgの方の方の解決法はいくつか探せたのですが
HTMLを直接編集できない.comの方ではその方法も実行できず、お手上げ状態になっていました。
でも、「Wp-Insert」という広告を入れるプラグインなら広告としてプロフィールを表示できるかも!?
と一筋の光が見えたのもつかの間。
.comの方では独自の広告しか入れられないようになっているので、他の広告系プラグインは使えないのでした……
 
 
しかし!!!
プラグインの「Insert」の検索で一緒に出てきたこちらのプラグインを使うと、
再利用ブロック』というものを利用して
記事下に任意のあれこれを入れられるようになりました。
▶ Insert Blocks Before or After Posts Content
 
使い方は ▶こちらの記事 に書きました。
 
 
これを使って、
.comの方の人でも“改行ありの”『この記事を書いた人』の表示に成功したのです~!!!
 
 
HTMLやCSSが全くわからない人なので、
具体的なデザインはこちらのサイトさまを100%参考にさせていただきました。
感謝!!
▶ 「この記事を書いた人」を作ってみた!
 
 

私の場合行数が多くて画像の下に文章が回り込んでしまうということがあったので
画像下の余白を伸ばして行が揃うように対処してみました。
▶ 参考サイトさま『画像の周りに余白を入れる』
 
 
本当にずっと困っていたのでできたときは本当にうれしかったですね~
 
 
ついでに、同じ方法で記事下にこんなのも入れてみました!
【WordPress.comの方】改行できる!『この記事を書いた人』 + その他カスタマイズ情報
 
 
チューベくんの吹き出しはこちらのプラグインを使っています。
よく見る会話形式の記事はこうやって作られていたんだな~って初めて知りました…!
LIQUID SPEECH BALLOON
▶ 吹き出しで会話ができる WordPressプラグイン
 

 
メモ風のデザインはこちらからコピペさせてもらいました!
とてもかわいくて感謝です。
『ちぎったメモ+マスキングテープ風デザインCSS』
▶ マスキングテープ風デザインCSS ガーリーデザインのサイトやブログに
 
 
 
それからブログのサイドバーにもこんなプロフィールを表示させるようにしてみました。

【WordPress.comの方】改行できる!『この記事を書いた人』 + その他カスタマイズ情報
 
 
やり方はこちらのブログを参考にさせていただきました。
▶ 簡単!WordPressのサイドバーにプロフィールを作る方法
 
 
デザインはこちらからコピペさせていただきました。
▶ CSSコピペするだけ!ボックスデザイン(囲み枠)25選【色別サンプル62種】

 
 
情報に本当に感謝です!
 
 
あと記事にしていなかった最近困って解決したことは、
「記事の画像がぼやける」です。
 
 
色々載せてもらっているやり方を試しても直らなかったんですけど、
私の場合は『記事の幅以上の大きさにしない』ことを気を付けるようにしたら
ぼやけることがなくなりました。

ご参考までに!
 
 
こんな感じで、1年以上プロフィールがなかった我がブログがようやく整いました!
一気に見た目が変わった気がしています。
今『チュベテレのブログ』が正式に始まったと言っても過言ではない……笑
 
  
というわけで、コンゴトモヨロシク……です。
 
 

新しいPC ( Lenovo Legion T750i / RTX3080 ) で動画の書き出しにかかる時間をアレコレ比較しました

新しいPC ( レノボ Legion T750i / RTX3080 ) で動画の書き出しにかかる時間をアレコレ比較しました
 
 
新しいPC ( Lenovo Legion T750i / RTX3080 ) が届いてから早一カ月。
やっと色々試したり比較したりすることができたので、その結果を載せていきます。
 
 
PCの見た目や、作った動画についてはこちらの記事に載せました。
ご興味あれば合わせてご覧ください。
ちなみにまだ4K動画ではなく、HDで長さは1時間半という何の変哲もない動画しか作っていません。
4Kの動画は作り次第アップしていきますので、今はご了承ください。
▶ 新しいPC ( Lenovo Legion T750i / RTX3080 ) の初陣!1時間半の動画を作りました。(見た目の写真もあり)
新しいPC ( レノボ Legion T750i / RTX3080 ) で動画の書き出しにかかる時間をアレコレ比較しました
 
 
それでは実験したことを載せていきます。
 
 
 

動画の書き出しがどれくらい速くなったのか知りたい!

 
 
そもそもこのPCは主に動画編集のために購入しました。
これまで使っていたPCでもできないわけではなかったのですが、
編集中にソフトが固まったり落ちたりスムーズにいかないことも多かったのと、
書き出しに時間が結構かかっていたので、
それが短縮できたらいいなあという基準で家族に選んでもらいました。
 
 
先に簡単に結論から言うとこんな感じの差になりました。

表. 1時間の動画を書き出すのにかかった時間の比較
新しいPC ( レノボ Legion T750i / RTX3080 ) で動画の書き出しにかかる時間をアレコレ比較しました
 
詳しい条件などを下に続けます。
 
 

それぞれのPCについての詳細



新しい方

レノボ Legion T750i 90Q80065JM
CPU: Intel Core i9-10900K
Memory: DDR4-3200 32GB
Storage: SSD 512GB+HDD 2TB
GPU: NVIDIA GeForce RTX3080 10GB
https://www.lenovo.com/jp/ja/desktops/legion-desktops/legion-t-series/Lenovo-Legion-T7-34IMZ5/p/90Q80065JM

増設機器
Capture: AVerMedia Live Gamer 4K GC573, Rec.4K@60fps HDR, PCI Express x4 Gen2
https://www.avermedia.co.jp/product-detail/GC573

https://www.cpubenchmark.net/high_end_cpus.html
i9-10900K Score 24079

https://www.videocardbenchmark.net/mid_range_gpus.html
RTX3080 10GB Score 24115


古い方

マウスコンピュータ NEXTGEAR-MICRO im570SA6-FG
CPU:Intel Core i5-6500
Memory: PC4-17000 8GB
Storage: SSD 240GB+HDD 1TB
GPU: NVIDIA GeForce GTX1060 3GB
https://pcgamebto.com/nextgear-micro-im570sa6-fg/

増設機器
Capture: AVerMedia Live Gamer EXTREME 2 GC550 PLUS, Rec.1080p@60fps, USB3.1 Type-C
https://www.avermedia.co.jp/product-detail/GC551

https://www.cpubenchmark.net/high_end_cpus.html
i5-6500   Score 5654

https://www.videocardbenchmark.net/mid_range_gpus.html
GTX1060 3GB  Score 9635



家族に聞いた【Legionの方が優れている点】(2021年2月時点の話)
・CPUがインテル第10世代であり4世代分新しい。また、第10世代では最上位。
・メモリ容量が4倍に増加。
・SSD容量が2倍に増加。
・グラフィックボードが2020年度発売のRTX3000シリーズの中で二番目に上位、
 かつ、旧世代最上位のRTX2080Tiよりも高性能。
・(増設機器)キャプチャーボードが4K録画対応。



実験条件


使用動画編集ソフト:VEGAS Pro 16.0
 
書き出し(レンダリング)フォーマットは、HD,4K共に「MAGIX AVC/AAC MP4」、
テンプレートは「(NVIDIA NVENC)」が付いている方を使用。
新しいPC ( レノボ Legion T750i / RTX3080 ) で動画の書き出しにかかる時間をアレコレ比較しました

新しいPC ( レノボ Legion T750i / RTX3080 ) で動画の書き出しにかかる時間をアレコレ比較しました
 
 
全てこのような単純な作りの長さが1時間ジャストの同じ動画を書き出してテストしました。
新しいPC ( レノボ Legion T750i / RTX3080 ) で動画の書き出しにかかる時間をアレコレ比較しました
 
 



結果


 
 
表. 1時間の動画を書き出すのにかかった時間の比較
新しいPC ( レノボ Legion T750i / RTX3080 ) で動画の書き出しにかかる時間をアレコレ比較しました
 
上の表のように、新しい方が古い方より半分くらいの時間で書き出せていました。
書き出すスピードは倍になったようです。
 
しかし、書き出しているときにGPUの使用率を見てみたところ、
22%しか使っていませんでした。
素人目線だと「もっとがんばって速くしてくれてもいいのに…」と思ってしまいますが…。笑
どこをいじればいいのかもわからないので、とりあえず上記の条件ではこんな感じでした!
新しいPC ( レノボ Legion T750i / RTX3080 ) で動画の書き出しにかかる時間をアレコレ比較しました
 
 
ちなみに他のことを試した結果です。
その1:NVIDIA NVENC(GPU)を使わずに、CPUで勝負させたらどうなるか?
新しいPC ( レノボ Legion T750i / RTX3080 ) で動画の書き出しにかかる時間をアレコレ比較しました

結果は………
1時間の動画を4Kで書き出す時に『276m54s(4時間36分54秒)』もかかってしまいました!
(比較:GPUを使ったときは86分でした。)
「(NVIDIA NVENC)」と付いている方を選ぶのが賢明なようです。
 
 
その2:フォーマット「MAGIX AVC/AAC MP4」の下にある似たやつはどうなのか?
新しいPC ( レノボ Legion T750i / RTX3080 ) で動画の書き出しにかかる時間をアレコレ比較しました

結果は、1時間の動画を4Kで書き出すときに
102m33s(1時間42分33秒)』かかりました。
(比較:「MAGIX AVC/AAC MP4」を選んだときは86分です。)

こちらも元の条件(「MAGIX AVC/AAC MP4」)のときの方が速かったので
そちらを選んだ方が良さそうです。
 
 
その3:編集ソフトと素材の置き場所によって速さに違いはあるのか?

何となくソフトと素材を同じ場所に置いた方が速そうな気がしたので試してみました。

結果は、
ソフトも素材もSSDに入っているときに1時間の4K動画を書き出すのにかかった時間
=『71m19s

ソフトはSSD、素材は内蔵HDに入っている場合
=『73m22s

ソフトはSSD、素材は外付けHDに入っている場合
=『73m37s
 
 
確かにほんの少~~~しだけ速かったですが誤差くらいしか変わらず、
無理に素材もSSDに入れて編集しなくていいということがわかりました。
これは自分にとって朗報でした。
 
 
 

まとめ

 
 
・GTX1060 3GBと比べた場合、
 RTX3080 10GBを使うと約2倍の速さで動画の書き出しができることがわかりました。

VEGAS Proで動画を書き出すときには、
・フォーマットは「MAGIX AVC/AAC MP4」
・テンプレートは「(NVIDIA NVENC)」が付いている方
を選んだときに一番時間が短くて済みそうです。

・素材を全部SSDに入れる必要もなさそうでした。
 
 
以上が今回調べたことでした!
全く詳しくない人が書いているので間違っていたらすみません。
これからこのPCでどんどん動画を作っていくのでよかったら見てください!
⇒YouTubeチャンネル『チュベテレ』へ
 
新しいPC ( レノボ Legion T750i / RTX3080 ) で動画の書き出しにかかる時間をアレコレ比較しました
それでは~!